Item GuideCoQ10

スポーツ選手とコエンザイムQ10の関係

コエンザイムQ10は、体の中に摂り入れた栄養分をエネルギーに変換する働きがあるので、元気に生き生きとした生活を送るために必要な栄養素です。
もともと人間の体の中で製造させていますが、20歳をピークに年々製造量が減少します。
コエンザイムQ10が不足すると疲れやすくなったり、免疫が低下して体調を崩しやすくなったりします。
また抗酸化作用があるので若々しい体づくりにも欠かせません。
そのため体の弱い人や若さを保ちたい中高年向けの栄養素と思われていますが、実は激しい運動をするプロやオリンピック選手にも人気の栄養素なのです。

激しいスポーツをすると短い時間で多くのエネルギーを消耗してしまいます。
エネルギーが不足すると思うように体を動かせなくなり、疲れも溜まりやすくなり、いい結果を残すことが出来なくなります。
コエンザイムQ10は摂取した食事をエネルギーに変えて持久力をアップしてくれるので、大量のエネルギーを必要とするスポーツ選手にはもってこいの栄養素です。

また、勝負の世界で様々なストレスにさらされているスポーツ選手の体内は活性酸素が多いといわれています。
体内の活性酸素が多くなりすぎると免疫力が低下し体の故障につながってきます。
コエンザイムQ10には強力な抗酸化作用があるので、体内の活性酸素を取り除き、疲労回復力を助け、ストレスフリーなコンディショニングに整えてくれるのです。

ウエイトリフティングの日本代表女子もコエンザイムQ10を摂取してトレーニングをしていたそうですが、健康のためにマラソンやテニスなど運動をしている人や部活やサークルで運動をしている人にもぜひ摂取してほしい栄養素です。

トップに戻る