Item GuideCoQ10

コエンザイムQ10で生活習慣病を予防できる?

コエンザイムQ10は、体内にあるミトコンドリアという物質の中から発見された成分です。
この成分は、人間の体が衰えていくのを食い止める働きを持っています。
そのため、若々しく健康でいたり美肌を維持するのに、効果が期待できるとされています。
そこから、老化防止の効果があると口コミで広がっているのです。

また、体の老化を防ぐ効果があるということは、生活習慣病の予防も期待できるということです。
普段の、乱れた生活習慣から体が老化し、高脂血症や糖尿病などを発症します。
また、酸素を吸って生活しているのですが、その酸素から活性酸素が生まれて、その活性酸素が増え続けて生活習慣病が起こることもあります。
この活性酸素を除去してくれるのが、コエンザイムQ10です。

若いうちには、常に体内に存在しますが、年齢を重ねるごとに徐々に減ってきます。
それが、老化現象の原因です。
体内のコエンザイムQ10が不足すると、活性酸素を抑制してくれる抗酸化作用も弱まってきます。
そうなると、活性酸素が活発に動き出し、体がさび付いた状態になってしまいます。
そうならないためにも、抗酸化作用を活発にする必要があります。
これが、コエンザイムQ10の働きなのです。

生活習慣病になる前に、サプリメントなどでコエンザイムQ10を摂取しておけば、体の老化を防げると考えられます。
また、血流の改善効果も期待できるので、心臓病や脳疾患などの予防にも効果的とされています。

このように、年齢とともに老化が気になってきたら、コエンザイムQ10を摂取すると、生活習慣病の予防が期待できます。

トップに戻る